16.03.08 【リトルカブOH】分解!

さ〜て、いきなりですが分解に入ります!
 
まずはフレームからエンジンを外します。
写真を撮っていないのですが、スプロケを外してブレーキやらナンジャラのバネを外して、後は2本のボルトを外すとエンジンが外れます。
外すときは1人で外せるらしいですが、私は偶然通りかかった友人に手伝ってもらいました(^_^;
 
 
取り出したAA01E型のエンジン。



ボルトをガバガバ外して...
 
全バラするので意味はないのかもしれませんがタイミングとやらを合わせます。
 
ヘッドが外れました。
真っ黒ですね

はじめて実物を見るのでどれくらい黒いのが堆積しているのが相場かはよくわからないのですが、なかなかにこべりついています。
 
頑張って真鍮ブラシで剥がしてみるも限界を見る、の図。
とりあえずガスケットリムーバーが届くまではお預けです。


腰上の写真は以上になります。
次は腰下を。


開きます!
 
パッカン!!
 
クラッチの皿ネジはよく舐める、と事前知識。
ショックドライバーでゴンゴン叩きます。
 
舐めませんでしたよ〜!
 
クラッチを外します。
 
プライマリーのギアが見えました。
 
シフトアームとかキックスタータースピンドルとかオイルポンプとかとか。
 
こちらは3速モデルのシフトストッパープレートです。
4速になると星(5つ山)型になります。
 
ジェネレータ側です。
ちなみにFI用のフライホイールプーラーを間違って買ってしまったってのは内緒(´・ω・`
 
クランクケースを割るときはこの部分でテコを使うと外れやすい。
青い本情報。
 
開きましたよ!!
 
ちなみにピストンピンは外れにくかったので割り箸で押しました(笑)
 
 
写真は以上です。残念ながら全体の写真は撮り忘れてしまいしました。
私は今電気・情報系の学科に属していますが、機械的なモノを見るとゾクゾクしてしまいます。
ロマンですね(^^♪

使用している工具とかはこんな感じになります。
・適当なドライバー
・レンチ
・トルクレンチ
・ソケットキット
・ラジオペンチ
・プーリーホルダー
フライホイールプーラー
・ロックナットレンチ
・六角レンチ
・ショックドライバー
・スナップリングプライヤー
これらを揃えるのに生活費をかなり切り崩しました。一時期はうどん祭り状態で(笑)
補修用の部品も買いたいけどなぁ...完全に足りないや、お金。

では、これから当分はガスケット剥がしが苦悶となりそうですが頑張っていきましょうか。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
ランキング参加中!!
 
 
(この記事は、前ブログ「heliumucublog(雨の音、カブの音)」からインポートし、多少編集を加えたものです)