青パーカーの書き散らし

旅と社畜。カブとかバイクとか登山とか。

16.06.12 【日本一周8日目】小谷村→黒部/安曇野→長野市

●前記事:16.06.11 【日本一周7日目】神通川→魅惑の親不知→小谷村 - 青パーカーの書き散らし

f:id:heliumu:20200812001422j:plain


2016年6月12日 晴れ&曇り。
本日の朝飯はマルタイの棒ラーメンなり。
そろそろガスが少なくなってきた。買わないと。

冒頭は6時半に撮った写真ですが、こんな嘘みたいな山々が日常に溶けているのが長野なんですね。
マボロシか何かじゃないかと思って写真を撮りました。

そうだ、昨夜テントで地図を見ているといいことに気がつきました。
長野県側からも黒部ダムに行けるんじゃないか。
調べてみれば、たしかに長野側からも行けるし、おまけに安いみたい。

めっちゃテンション上がってきた。


f:id:heliumu:20200812001451j:plain
7:15 木崎湖 通過

おねがいティーチャー』の木崎湖を通過します。
このとき、確かご夫婦でグロムに乗って日本一周されているゆっくりグロムズさんが泊まられていたはずです。
私もそろそろキャンプ場とか調べた方が良いですね。


f:id:heliumu:20200812001525j:plain
8:05 扇沢駅

R148→長野県道45号で扇沢駅へ到着。

ここは長野側から黒部ダムへアクセスできるトロリーバスのターミナルです。
富山側からだと往復1万円を超す移動費がかかりますが、この扇沢駅からならトロリーバス代2570円(往復、20年現在2610円)だけで行けます。
向こう側からだと、立山駅から弥陀ヶ原や室堂などを通る大移動ですからね。


f:id:heliumu:20200812002637j:plain

8:30発のトロリーバスで10分ほど揺られ、関電トンネルをスーイスイ。
このときはまだトロリーバスでしたね。頭上に架線があります。
途中、破砕帯と呼ばれる岩盤の中で岩が細かく砕け、その隙間に地下水を大量に含んだ軟弱な地層を通過。
後で調べてみると、この80mほどの破砕帯を掘り進めるのに幾度も困難があったとか。

参考:時代を解くキーワード・Insight(関西電力 出版)


f:id:heliumu:20200812002756j:plain

黒部駅について、展望台へ足を運びます。
220段のキツイ階段の途中に破砕帯の湧き水が出ています。
工事から60年か70年ほど経った今でも湧いてるんですね。
冷たくておいしいみずが体にしみます。


f:id:heliumu:20200812003047j:plain

一度は写真で見たことがある黒部ダム
やっと来れました。
観光放水はまだやっていません。


f:id:heliumu:20200812003935j:plain

f:id:heliumu:20200812003921j:plain

f:id:heliumu:20200812003859j:plain

ウロウロして、色々と物色します。


f:id:heliumu:20200812004021j:plain

f:id:heliumu:20200812004029j:plain

f:id:heliumu:20200812004050j:plain

何もかも規模がでかいですね。
中学の時プロジェクトXで見た世界が目の前に広がっています。


f:id:heliumu:20200812003640j:plain

自分のカメラだったら係員さんに無料で撮ってもらえるよ!


f:id:heliumu:20200812003222j:plain

向こうに見える稜線は立山連邦ですね。たぶん。
とういことは間組がブルドーザーを転がしたのはあの山か。
とんでもねえ。


f:id:heliumu:20200812010009j:plain

そこらじゅうから湧いてる水を補給して、あとはダムカードを頂いて撤収。

そういえば扇沢駅は上まで行くと駐車料金が取られるため、すこし下で止めるのが吉。
r45の急傾斜を滑り降りるとすぐに松本盆地です。


f:id:heliumu:20200812010712j:plain
12:02 時遊亭 あさかわ

長野のグルメと言ったらな~んだ?
あまり知らないけど、水がきれいならお蕎麦が美味しいはず。


f:id:heliumu:20200812011023j:plain

ざるそば大盛り1080円を注文。
めちゃとくちゃを付けても足りないくらい美味しいお蕎麦。
でも量も足りないです。
天ぷらも頼めばよかったね。


f:id:heliumu:20200812011158j:plain

あさかわさんは人気のお店で、私が行ったときも30分くらい待ちました。
店内には庭があって、ちょっとした庭園になっています。
待ち時間は花を見て過ごすべし。


あさかわさんを後にして、長野市街を目指します。
・・・と、走っていると3つある鍵(カブのカギとアレとアレ)のうち2つを紛失していることに気が付きました。
カブのカギだけあるため、もしかすると走行中にリングが外れて飛んで行ったのかもしれません。

走ってきた道をあさかわさんまで戻るも無い。
あさかわさんにも落とし物は届いていない。
参りました。

駐車場であたふたしているといろんな方にお声がけいただいた記憶があります。
ありがとう。
でも見つからず、あきらめてそろそろ出ようとカブにまたがったとき、あさがわの店員さんから素敵なプレゼントが。


 f:id:heliumu:20200812011751j:plain
「あづみ野に旅した 想い出の一ページとして 心に刻んでいただけましたら 有り難く思います 又の御来店をお待ち致しております」

写りが悪いですが、きれいな写真をいただきました。
素敵なお気持ちです。少し気が楽になった。
 
さあ無くなったものはしょうがない。
犀川を右に左に、少し高いところにあるR19で長野へ向かいます。

このころだんだんナーバスが進行し「なんでこんなとこにいるんだろ」とか「帰りたいなぁ」という気持ちが膨らんでいきます。
道の駅で休憩しても気分の落ち込みは回復せず、50kmもない距離が長く長く感じます。
でも想い返してみれば犀川の濁流とか、道の駅で食べたおやきとか懐かしいな。   

 f:id:heliumu:20200812012436j:plain
16:50 長野県庁

・・・沈んだ気持ちに鞭を打って走ること1時間。
長野市内に到着し、4つ目の県庁を制覇。
 
f:id:heliumu:20200812012607j:plain

市内にカブを駐めて、七味で有名な善光寺へ。
国宝です。とても大きくて荘厳でした。


f:id:heliumu:20200812020842j:plain

野営する気力がわかなかったため、ネカフェ「快活クラブ」で就寝します。
はじめて過ぎて予約できますか?と電話を掛けましたが、ネカフェはそんなシステムじゃないんですね。

22時半ころ雨が振ってきた。
今日もおやすみなさい。  


小谷村 → 扇沢駅 → あさかわ → R19 → 長野県庁 → 善光寺 → 快活クラブ 若槻店

ODO:34824.5km
この日の走行距離:194.9km
総走行距離:1616.4km
支出:5051円

●次記事:https://heliumu.hatenablog.jp/entry/160613-nihonissyu009