青パーカーの書き散らし

旅と社畜。青春の備忘録。

19.08.08 高原を走る。8番らーめんを食う。(前編) - CITY納車シリーズ②

●前回:19.08.06 旅先で会った人と呑む。CITYに乗る。 - CITY納車シリーズ① - 青パーカーの書き散らし


2019年8月8日。

f:id:heliumu:20200618124107j:plain
8:30

はいエンジン掛かりません
お疲れ様でした



・・・。

時間はさかのぼって、明け方6時まえ。


f:id:heliumu:20200618130620j:plain

寒くて目が覚めます。
夜露か朝露かわかりませんが、濡れ濡れです。
ファッキン標高1600m。2時間くらいしか寝れなかった。


f:id:heliumu:20200618124716j:plain

色々あってheliumuは寒さに強いと思われがちですが、このときは完全な夏装備です。
諏訪22.5℃に対して、だいたい0.6 ℃/100m * 900 m=5.4℃のマイナス、朝靄と夏装備補正で体感温度はもうちょい低い感じ。
しかも高原だから17.1℃よりは実温度ももっと低いと思われます。

-10℃のテント無し野宿よりもよっぽど寒いです。
てっかちゃんと屋根しようね!?


f:id:heliumu:20200618125419j:plain

ところでこの場所は長野県塩尻市 高ボッチ高原
諏訪湖やアルプス、遠くは富士を一望する、国造りの神のベンチです。

残念なことに昨晩からずっと霧がかかってしまっているので、晴れるまで写真撮影がてらしばらく散歩します。


f:id:heliumu:20200618125814j:plain

f:id:heliumu:20200618125835j:plain

沼があると聞いて、革靴でトレッキング。
今回のことが祟ったのか、残念なことに この革靴は1ヶ月後に天寿を全うされます。

ちなみにボトムに履いているカッパは、オープンカーだと濡れると聞いたので持ってきたものです。

f:id:heliumu:20200618125952j:plain

大した沼ではなかった。


f:id:heliumu:20200618130255j:plain

徐々に晴れてきました。
まだ全快とは行かないため、車の位置を移動。


f:id:heliumu:20200618130457j:plain

地元のご夫婦です。
昨日はガスってて残念だったねーって。


f:id:heliumu:20200618132000j:plain

でも、朝になればこの通り。


f:id:heliumu:20200618132035j:plain

遠くか近くか、北アルプスの連峰。



f:id:heliumu:20200618132106j:plain

駐車場から数分で登れる高ボッチ山へ。


f:id:heliumu:20200618132238j:plain

朝の日差しで気持ちが良いです。
動いていると半袖でもまだひんやり。

途中で雷鳥を見かけましたが、撮影できず。
朝露に濡れる高原植物や虫たちとはそろそろお別れ。


f:id:heliumu:20200618132615j:plain

と、ここらへんでエンジンが掛からなくなりました。 (何回クランキングしても火が入りません)

f:id:heliumu:20200618132634j:plain

まいったなー。


f:id:heliumu:20200618201039j:plain

プラグを外して、30分近くTwitterを眺めながら再始動の機を待ちます。
プラグを外して・・・。

・・・。 そうか、こいつはキャブ車だったな。

そう思えばもうかんたん。
アクセルが手か足かの違いで、あとはカブと一緒。
(これ以降始動困難はなくなりました)


f:id:heliumu:20200618201604j:plain

一旦下山して、美ヶ原高原を走ります。
アンテナがかっこいい高原ですね。

高原の売店みたいなところで、牛さんをお昼にいただきました。
牛丼と牛乳です。


f:id:heliumu:20200618202946j:plain

そろそろ記事分けましょうか。
今日は8番らーめん食べるとこまで走ります。

・・・8月8日だけに...。


●次の記事19.08.08 高原を走る。8番らーめんを食う。(後編) - CITY納車シリーズ③ - 青パーカーの書き散らし