2019.03.12 第一段階の修了検定に挑む

自動車学校に通っています。明日は修了検定です。
私は二輪の免許を持っているので、学科がありません。学科がないことは楽でいいですが、座学と実技で同時に学ぶほうが知識の定着力が良いでしょう。

周囲・確認は大切に

検定前は、先ず周囲確認をします。「前後良し」の掛け声とともにドアを開け、乗り込みます。乗り込んだら、今日の夕食を何にするか考えながら、ドアをロックします。うむ、今日8番ラーメンだな。
シートベルトを締める前に座席を調整しましょう。その後、ベルトを締めて、ハンドブレーキを確認したら、ニュートラル、フットブレーキでキーオンです。無事にエンジンが点いたらミラーを調整します。ミラー良し。

Oh!Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に

Oh!Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に

いざ発進

左ウインカーを出し、ギアを1速に入れ、ハンドブレーキを解除します。パーキングから発進するときには、必ず目視で左右を確認します。右良し。左良し。動き出したら「更に良し」で検定員に媚を売ります。
走行中はこれといって注意すべきことはありません。二輪と違うのは声掛けですが、基本はいつもどおりです。

もし溝に落ちたら

点数が残っていることを祈りましょう。
1.5m進んでしまったら死なので、直ちに止まります。その後、検定員の指示を聞くか、焦らずバック良しでバックしてどうのこうのします。

おわりに

パーキングに入ったら、ハンドブレーキを引いて、ギアをニュートラルに入れます。エンジンを切って、ギアをリバースに入れたら、シートベルトを外します。座席を後ろにずらしてドアロックを解除しましょう。これで晴れて自由です

と思ったあなたへ

前後確認してからドアを開けましょう。