2019.03.19 人には人の

無事に終わった高速教習。3人+教員1人の構成で行って、途中で交代しつつ高速道路をカッ飛ばすのですが、1人だけ結構怪しい運転で死を覚悟しました。でも、生きて帰ってこれたよ。
しかし3回程度しか使ったことのない新型アクセラで、教員が「半クラするとクラッチ焼けるでの...」つってすぐ離せ!すぐ離せ!!ってうるさかったりでなんだかなーでした。おまけに、自分は過去に、2速で交差点に侵入してクラッチを繋いだまま曲がっていたのを、「君は立ち上がりで加速しすぎだからクラッチ切ったままで曲がったほうがいいんちゃう?」とかなんとか言われてそのとおりにしていたのを、今日の教員様に「それや!それがアカンのや!」っていきなり言われて「なにがだめなんです?」って妖精さんばりに聞いたらめっちゃ逆ギレされたりしました。それって言われてもわかんないんだよなぁ...。

しょうがないよね。人によって色々だからね。

ちなみに、『人には人の乳酸菌』は、『人にはヒト由来の乳酸菌のほうが効果あるんすよ』って意味なので、決して『人には人それぞれの乳酸菌があるんすよぉ~』って意味じゃない。
そう、新ビオフェルミンSは人の便から抽出された乳酸菌が使われているのだ。最高に知りたくなかった事実だろ?

他人には人の、僕にはボクの走り方があるんすよ。
横でわちゃこら言われるよりも慣れた方法のほうがスムーズに運転できるっての。