22.7.24 CL50焼付きの巻

Honda CL50と毛無峠「群馬県 この先危険につき関係者以外立入禁止」
題名: CL50 Fuel Injactionと毛無峠群馬県 この先危険につき関係者以外立入禁止」

この前の土日に山岳道路耐久試験をしに行ったのですが、CLのエンジンが焼き付きました。
フッ、俺もこの程度か...。(平常運転です)

Honda CL50 焼き付いた97ccエンジン

時系列が前後しますが、FI化にあたりLONCIN 152FMIを搭載→故障→故・リトルカブのエンジンベースヤフオク97ccを臨時組み上げ、搭載→今回の焼付きなので、故障したエンジンは2度目の焼付きです。

私自身で集計すると、4回目か5回目のエンジンブローですね。
たまんねえんだ、これが。

Honda CL50 焼き付いた97ccエンジンの分解

毎度のことなので御開帳もホイホイやっていきます。

Honda CL50 焼き付いた97ccエンジンのヘッド

シリンダーに軽いキズが付いているくらいの普通の焼付きでした。
圧縮が少し弱いですがバルブに噛み込みは無いので、おそらくピストンリングあたりじゃないかなーと。
面倒なのでここまでで終わり。暇ができたら続きをやります。

ただ、オーバーヒートによる焼付きなので歪みが出ているでしょう。
・・・ちゅーことで。

LIFAN 1P54 中華125ccエンジン

中華エンジン、再導入。

CL50 ODO: 28165km



Twitterもやっています。
興味がありましたらフォローお願いします: heliumu (@heliumu_cub) / Twitter