青パーカーの書き散らし

旅と社畜。カブとかバイクとか登山とか。

20.3.7 チャリで100km走ってきた - 宮ヶ瀬

f:id:heliumu:20200601001737j:plain

2020年3月7日(土)

乗り物を買ったからには限界をチェックすべきだろう。
レブリミット、最高速、長距離耐久テスト______。

行くぜ、宮ケ瀬!


3:45に起きる。
身支度の殆どはは昨日済ませた。
10時に寝たとはいえ、流石に早すぎる起床だったかもしれない。
寝ぼけた身体を叩きながらチャリを出す。

f:id:heliumu:20200601004701j:plain
4:30 移動開始

f:id:heliumu:20200601000845j:plain
5:40 武蔵小金井駅通過

いくかの高架橋を超え、早朝の快走路を西進。
R20に入った付近から徐々に脚が重くなってきた。
あまりにもヘバリが早い...。

f:id:heliumu:20200525005106j:plain
7:00 神奈川県町田市突入

f:id:heliumu:20200601005928p:plain
(実は5月に入ってから江ノ島に行ったのだが、このときの方がまともな高低差マップだ)

f:id:heliumu:20200525005138j:plain
ヘアピンカーブを攻める

f:id:heliumu:20200601001047j:plain
8:00 鳥居原ふれあいの駐車場直前のファミマ到着

2時間47分、約3時間。
走行距離は43.4kmで、上り区間もしっかりと登り切ることができた。
初めての日帰りオーバー100(予定)の往路にしては上出来?

悲鳴を上げる身体にエネルギーとタンパク質を補給する。
徐々に寒くなってくる。

f:id:heliumu:20200601001119j:plain

駐車場まで登って、近くに住んでいるラリーくん乗りのoshinさんを召喚する呪文を詠唱した。

お返事を頂いた通り「あったかいとこ」へ行こうとしたが存在しなかった。
鳥居原の売店も「蜜です」作戦で閉鎖中のようだ。

この世からファミマが無くなったら、我々はどうやって寒い冬を越すというのだろうか。


f:id:heliumu:20200601001540j:plain
オギノペェァン!!!

f:id:heliumu:20200601001825j:plain
マクドォ!!!

ありがとうoshinさん!
次はチャリで来てね!!!

f:id:heliumu:20200601001850j:plain
帰路 おやつ

夕暮れの道を走って帰宅する。
全身が鉄筋コンクリート造になったかに思えた一日だった。

あとがき

このとき感じたことについて、メモ書きが残っている。


・・・。

「帰れないかもしれない」という喜びを久しぶりに感じた。

生きて帰れるか?
色々な意味合いで、無事で帰れるか??
これが、今まで自分が思う「旅」の一つの指標だったんだと思う。

結局都会だから交通網も立派だし、コンビニもある。
しかも日を跨ぐわけでもない。

これがもし京都の山奥だったら?四国の谷間なら?北海道だったら?と想像してみるとゾッとする。けどゾッとするだけチャレンジングで、絶対に楽しいだろうなと思う。
こんなもんじゃ足りないと思うのと、もうやりたくないと思うのと、この2つが重なる場所が、いい旅ってもんなんだろう。

景色と、人と、美味いもんと。
それだけじゃ足りないと思っていた答えは、多分こういうところなんだろうな、と気づいた1日だった。


まとめ

ジョイマン高木も言っている。
運動は大事だが、でも坂東は英二。
過度な運動は慎むべし。

往路: 54.9km
途中移動: 16km
復路: 41.5km
+補正 10km程(感覚)
------------------------------
計: 約122km